イギリス英語の発音やアクセントを勉強する際にどんな有名人(芸能人)をお手本にするべき?

イギリス英語の発音やアクセントを勉強する際にどんな有名人(芸能人)をお手本にするべき?
目次

綺麗なイギリス英語のアクセントをブリティッシュ英語の発音を身につけたい場合にどの有名人(芸能人)を参考にすべき?

Mair
皆さんこんにちは。今回の記事では、「イギリス英語の発音やアクセントを勉強する際に参考にしたい有名人(芸能人)」というテーマについてお話してみたいと思います。

当サイトでは、今までにイギリス英語のアクセントに関する事、イギリス英語の訛りや有名人の発音、スラング、ボキャブラリー等、様々なテーマを通してイギリス英語について紹介していきました。

その中でもやはり一番人気があるテーマは、やはり「イギリス英語の発音」に関する内容です。そんな中、今回はある読者の方から発音・アクセントに関する質問を頂きました。

そこでこの記事では、その頂いた質問についてお答えしながら、参考になる有名人(芸能人)を紹介して、何故彼らが参考になるのかという理由も紹介していきたいと思います。それでは、実際に頂いた質問はこちらになります。

読者の方の質問:

はじめまして。英語学習・音読・発音の練習および目標として綺麗なロンドンのブリティッシュイングリッシュを話す方は誰の発音がおすすめでしょうか?

アメリカ英語であればアル・ゴアが良いという話がありましたが、イギリス英語であれば誰かぜひ女性・男性1名づつブログでご紹介いただけないでしょうか?

不躾な質問で恐縮ですが、ブログのネタとしてもお使いいただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

イギリス英語の発音のお手本は標準(中流)イギリス英語の発音を狙う方べき理由

お手本になるような標準的な(中流)イギリス英語の発音を狙う方がお勧め

まずはご質問ありがとうございます。そして、いつも「ブリティッシュ英語.com」を読んで頂きましてありがとうございます。

頂いた質問に関してですが、実は発音のお手本として1人のイギリス人を選びだして紹介する事はとても難しいことです。

何故なら、イギリス英語には地方の訛りが多いですし、社会階級によって発音が異なるという背景がありので、発音を意識する際に気をつけなければ、その話し方次第で相手に変な印象を与える可能性があります。

例えば、少し極端な例になりますが、エリザベス女王の発音はとても綺麗過ぎてしまい、一般のイギリス人の英語のアクセントとはかけ離れています。

日本人のイギリス英語学習者がエリザベス女王の英語をお手本として真似してしまうと、会話相手に凄く変な印象を与えると思います。例えるなら、私が昔の侍と同じような日本語を話すという事と同じくらい変な事だと思います(笑)。

逆に、ロンドンのローカル訛り(コックニーなど)を真似するとあまり良い印象を与えないと思います。妙に発音がローカル過ぎてしまうと変に思われてしまう可能性があります。

ですから、特別な理由でもない限り一般のイギリス英語学習者が目標として目指すべき発音・アクセントは「中流のイギリス英語の発音を話す人」をお手本として真似るべきだと思います。

イギリス英語の発音をお手本にする際にどんな有名人(芸能人)にするべき?

イギリス英語の発音をお手本にする際にどんな有名人(芸能人)にするべき?

それでは、イギリス英語の発音の練習する際にどんな発音を参考にすればよいトレーニングになるのでしょうか? そんな際にお手本にしたいのが、イギリスの有名芸能人(俳優、歌手など)の発音などです。

その理由として、彼ら有名人のインタビュー動画はYoutubeなどで簡単に見つける事が出来るので、場所を選ばす手軽に手に入れられるのでコストも安く済みますし、楽しみながらイギリス英語の発音の練習が出来ると思います。

そして有名な芸能人の中には「オーディオブックのナレーター」としても、活躍している人も多いので、そういった教材を利用すれば数多くの練習教本を手に入れる事が出来ます。

例えば、ベネディクト・カンバーバッチは日本で人気のイギリス人俳優だと思いますが、彼のイギリス英語の発音は少し綺麗すぎると思います(笑)。

個人的に彼よりもお勧めなのが、同僚のマーティン・フリーン(ドクター・ワトソンの役)の方でしょう。マーティン・フリーマンは今までに数多くの映画、ドラマなどに出ています。

また、Youtubeには練習素材に使えるインタービュー動画が沢山あります。そして、彼はオーディオブックのナレーターとしても活躍していますので、イギリス発音の教本を探している方にはお勧めです。

勿論、ベネディクト・カンバーバッチの英語を真似しても大丈夫ですが、私の立場からみると「ベネディクトカンバーバッチの発音は一般のイギリス人よりも綺麗」だと思います。

彼の発音はどこか「寄宿学校(高級私立学校)」の雰囲気があります(笑)。ですから、そういった意味ではマーティン・フリーマンの方がより自然な感じです。

マーティン・フリーマンには変な訛りがありませんし、ポッシュ過ぎないし、勿論、下品でもありません。彼は元々ケント州(ロンドンの隣)の出身なので、皆さんが心配される地方の訛りはありません。ごく普通のミドルクラスのイギリス人だと思います。

イギリス英語の中流階級のアクセント 参考動画:

created by Rinker
角川書店 (映像)
¥2,089 (2024/05/21 12:28:54時点 Amazon調べ-詳細)

イギリス英語の発音で女性の発音をお手本にしたい場合の有名人(芸能人)は?

イギリス英語の発音で女性の発音をお手本にしたい場合の有名人(芸能人)は?

イギリス英語の発音で女性有名人の発音を参考にしたい方には、例えば「レイチェル・ワイズ」などは如何でしょうか。彼女はネイティブのイギリス人で、ロンドンの出身です。そして有名な女優なので、数多くの映画に出演しています。

彼女のイギリス英語の発音は綺麗ですが、かといって「ポッシュ過ぎる」という心配はありません(笑)。彼女はジェイムズ・ボンド007のダニエル・クレイグと結婚しています(うらやましいなぁ^^)。

created by Rinker
¥4,280 (2024/05/21 12:28:55時点 Amazon調べ-詳細)

私の経験でいうと、「外国語(英語含め)の発音を上達させる為には”リスニングを増やす”方が最も効果が高い」という持論があります。

何故なら、同じ音声を何回も繰り返して聞く事によって「正しい発音が自然に頭に入る」と今までの学習経験から感じています。実際に多くの言語学習成功も同じような意見を持っています。

そして、自分に発音の弱点があると感じているなら、その苦手な発音を中心に練習した方がいいと思います。中でもrの発音、lの発音、vの発音、thの発音が苦手な日本人英語学習者は多いと思います。

そういった苦手なポイントにフォーカスして、有名人の動画を見ながら何度も発音を聞いて口から出す練習をする事によって、外国語の発音・アクセントはどんどん磨かれて上達していきます。

ポイントは、リスニング学習だけではなく、実際に口に出す事が大切です。発音の練習はある意味で「ものまね」のような要素を含んでいると思います。

今回はこれで以上になります。ご希望通りの回答になりましたでしょうか。他にもイギリス英語の事でこんな事が知りたいという質問があれば、是非メッセージ下さね。

イギリス英語の発音やアクセントを勉強する際にどんな有名人(芸能人)をお手本にするべき?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアよろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

イギリス英語のバイブル教材

イギリス英語のバイブル ブリティッシュイングリッシュマスター 

 

ブリティッシュイングリッシュマスターは本サイトの運営者である私が完全監修・制作したイギリス英語を習得する為の専門教材です。音声のレコーディングから、本文の例文は私が作っているので、ネイティブのイギリス人としての英語のニュアンスはとても自然な英語です。

ネイティブのイギリス人が日常的に使う自然なフレーズ、アメリカ英語との違いを比較しながら、イギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

本書ではイギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。
RPアクセントの音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語の発音が勉強出来ます。

 

目次