イギリス文化

イースター(Easter)とは? イギリスとアメリカのイースターの違い

イースター(Easter)とは? イギリスとアメリカのイースターの違い

イギリスのイースターとアメリカのイースターの習慣の違いとは?



皆さんは、イースター(Easter)というイベントをご存知ですか? 日本はキリスト教の国ではないのでイースターについて知っている方は少ないかもしれません。

イギリスではイースターが日本のゴールデン・ウィークにあたるような長い休みのイベントになります。

イギリスや他の英語圏の国では様々なイースターの習慣やイベントがあります。今回の記事は、イギリスのイースターの習慣とアメリカのイースターの習慣を比較したいと思います。





イースター(Easter)とは?


イースターとはキリスト教の最も重要なお祭です。イースターは、イエスが十字架にかけられて亡くなった後、三日目に復活したという事を記念する行事です。最も重要な日は以下の3つです。


イースター(Easter)とは? イギリスとアメリカのイースターの違い

Maundy Thursday(聖木曜日)


この日にイエス、十二使徒と共に最後の夕食(「最後の晩餐)」を食べました。


Good Friday(聖金曜日)


この日にイエスが十字架にかけられて亡くなった。「聖金曜日」(Good Friday)と呼ばれる祭日です。


Easter Sunday(復活際・イースター・サンデー)


この日にイエスが復活しました。日曜日は「イースター・サンデー」です。


さらに詳しい詳細が読みたい方はこちら:復活祭




イースターとは具体的にいつなのか?


イースターはクリスマスと違って、日付が決まっていません。つまり、毎年違う日付に行われます。イースターは「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われています。

2015年のイースターは4月5日でした。次のイースター・サンデーの日付はこちらです:

  • 2016年 3月27日
  • 2017年 4月16日
  • 2018年 4月1日
  • 2019年 3月24日
  • 2020年 4月12日



イギリスでは、聖金曜日(Good Friday)と次の月曜日(Easter Monday)は祭日(Bank Holiday)になります。殆どのビジネスは休みになります。

銀行と郵便局は必ず休みになり、電車やバスは休日のスケジュールで動いています。アメリカでは、聖金曜日とイースター・マンデーは休みになりません。

イギリスの小・中学校・高校に「春休み」はなく、その代わりに「イースター・休み」があります。つまり、イギリスの学校の「春休み」はイースターの日付に合わせて毎年変わります。休みは2週間くらいです。




イギリスのイースターの習慣とは?


イースターは一応、キリスト教のお祭りですが、イギリスでは現在キリスト教徒の人数が減っています。ある調査によると、約59%のイギリス人が自分は「キリスト教徒」だと思っているというデータがあります。

イギリスでは、無宗教、イスラム教、ヒンズー教の人が多いので、イースターは宗教的なお祭というより「春祭り」といったような要素のイベントになってきました。

イギリスのイースターには、連休がありますので国内では凄い交通ラッシュがあります。高速道路は凄い混雑になり、交通事故が増えます。多くの人は実家に戻ったり、海外旅行に行ったり、国内旅行に行ったりします。

イギリスの最も有名なイースターの習慣としては、子供に「イースター・エッグ」に渡す事です。(子供だけではなく、私の母親は今でも私にイースター・エッグを送ってくれます!)


イースター(Easter)とは? イギリスとアメリカのイースターの違い

イギリスのイースター・エッグはチョコレートで作られています。イギリスのチョコレートメーカー(会社)は自分のブランドのイースター・エッグを発売します。

有名なキャラクターやグループもコラボしてイースター・エッグを出しています。例えば、アイドルやアニメキャラクターののイースター・エッグを買う事が出来ます(笑)。



イギリスの最も有名なイースター・お菓子:





アメリカのイースターの習慣とは?


アメリカでは、チョコレートのイースター・エッグはあまりないようです。アメリカ人は本物の「エッグ」(つまり、卵)に色とデザインを付けて子供に渡す習慣があります。

アメリカでは「イースター・エッグ・ハンティング」というアクティビティーが人気です。これは、子供が庭や公園に隠された卵を探しに行くというアクティビティーだそうです。アメリカでは「イースター・バニー」(イースターのウサギ)というキャラクターがあります。

イースター・バニーは子供にキャンディーをあげるキャラクターです。イギリスではイースター・バニーはあまり知られていません。私はアメリカのイースターに関する事を調べていた際にこのような記事を見つけました。

参考:「Why hasn’t America embraced Easter’s chocolate and alcohol binge?」 



この記事では、「どうしてアメリカ人はチョコレート・イースター・エッグを渡さないのか?」という質問に答えています。

この記事によれば、アメリカでは、キリスト教徒が多く(76%)、アメリカのイースターはイギリスのイースターよりも真面目なイベントになるようです。教会に行って祈る人が多く、クリスマスのような楽しい祭りではないようです。


しかし、アメリカでも「イースター・パレード」があります。例えば、ニュー・ヨークには、「イースター帽子のパレード」があります。地元の人は自分で使った「Easter Bonnet」(帽子)を被ってニュー・ヨークの街を出歩きます。

参考:「2015 Easter Parade and Easter Bonnet Festival in New York City




イースターに関する他のイベント


イギリスの北部には、「卵を転がすコンテスト」が沢山あります。このゲームに参加する人は坂の上から下まで卵を転がします。そして、卵が一番早く下に着いた人の勝ちになります!





アメリカでも「卵を転がすコンテストがありますが、ここでは坂を使いません。アメリカの大統領は毎年ホワイト・ハウスの芝生で子供の「卵転がしコンテスト」を行います。

参考:2016 WHITE HOUSE EASTER EGG ROLL



イギリスでは、特別なイースター・料理はないのですが、この時期に実家に戻る人はローストビーフなどの「サンデー・ロースト」を食べる人が多いかもしれません。

そして、伝統的には「hot cross buns」というパンが食卓に並べられます。「Hot cross buns」は菓子パンの一種です。甘いパンの中にレーズンなどのドライフルーツが入っています。

パンの上には「+」という文字が書かれています。イースターの時期にもしイギリスにいたら、美味しいので是非食べてみてくださいね^^


参考:Hot cross bun




イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら