イギリス英語

sleazeの意味と使い方は? イギリス英語とアメリカ英語の使い方の違いとは?

sleazeの意味と使い方は? イギリス英語とアメリカ英語の使い方の違い

イギリス英語のsleazeとアメリカ英語での意味と使い方はどう違う?


Mair
Mair
皆さんこんにちは。今回の記事では「sleazeの意味と使い方」、そして「sleazeのイギリス英語とアメリカ英語の使い方の違い」というテーマについてお話してみたいと思います。


今回紹介する「sleaze」という英単語は英語圏の全ての国で使われていますが、イギリス英語とアメリカ英語の使い方の違いがありますので、イギリス英語学習者の方には良いテーマになると思いましたので、紹介してみようと思いました。

この単語は日常会話でよく使われますが、イギリス人やイギリスの新聞では「政治家の話をする際」にもよく使いますので知っておくと役に立つと思います。

それでは「sleaze」とはどういう意味の単語なのでしょうか。




イギリス英語のsleazeの意味と使い方は? アメリカ英語との違いは?


イギリス英語のsleazeの意味と使い方は? アメリカ英語との違いは?

先ずは最初にイギリス英語の「sleaze」の使い方について紹介していきます。イギリス英語で「sleaze」という名詞は主に「政治家のスキャンダル」について話す際によく出てくる単語です。

そのため、この単語はイギリスの新聞記事によく出てきます。例えば、下記の新聞記事の見出しでは「sleaze」という単語が使われています。




この記事の見出しを見ると、「sleaze」と「scandal」という二つの単語は度々一緒に出てきます。その理由としては「sleaze」は「不道徳さ、スキャンダル、不正、退廃」という意味になるからです。

そして、この「Tory」という単語はイギリスの保守党のニックネームになります。この政党はよく「sleaze」を起こします(笑)。

「sleaze」という名詞は元々「sleazy」という形容詞から来ています。「sleazy」は17世紀ごろから使われていますが、元々の意味は「薄くて壊れやすい」という意味でしたが、20世紀の前半に「汚い」というニュアンスとして使われるようになりました。

現在、「sleazy」は「モラル的に汚い行動をする」という意味になっています。以上の理由から、政治家の話をする際によく出てくるんですね(笑)。

この使い方は主にイギリス英語でよく使います。アメリカ英語では、「sleaze、sleazy」は違うニュアンスで使われています。それでは、実際にイギリス英語のsleazeの使い方の例文で確認してみましょう。



イギリス英語のsleazeの使い方 例文



Many people won’t vote Conservative because of their reputation for sleaze.
(汚い政党という評判のせいで、多くの人は保守党に投票したくない。)


Sleaze and scandal were big problems in politics in the 1990s.
(1990年代の政治界で政治家の汚い行為とスキャンダルは大きな問題でした。)


That politician was sacked because of a sleaze scandal.
(その政治家は汚くてスキャンダルを起こした為に首になりました。)





アメリカ英語のsleazeの意味と使い方は? イギリス英語との違いは?


アメリカ英語のsleazeの意味と使い方は? イギリス英語との違いは?

先程紹介した「モラル的に汚い行為」という意味の「sleaze」の使い方は、アメリカ英語で通じないわけではありませんが、一般的にはアメリカ英語で「sleaze」は「女癖が悪い」という意味になります。

つまり、政治家の話というよりも「気持ち悪くていやらしい男性」というニュアンスとして使う場合の方が多いです。

アメリカ英語では、「sleazeball」や「sleazebag」、「sleaze-bucket」などのスラングは「女癖が悪い男性」という意味になります。

この使い方は一応、イギリス英語でも通じますが、特にアメリカ英語っぽい使い方になります。分かりやすくシンプルにいうと、イギリス英語の使い方は殆どの場合「政治家が賄賂を受け取った」や「政治家が経費について嘘をついた」というようなシーンで使われます。

一方で、アメリカ英語で「sleaze」は「性的なニュアンス」を与える単語です。それでは、実際のアメリカ英語のsleazeの使い方を例文で確認してみましょう!


アメリカ英語のsleazeの使い方 例文



A: Do you know Tom?
(トムの事知っている?)

B: Yeah. He’s such a sleaze. He cheats on his girlfriend all the time.
(知っているよ。彼は女癖が悪い奴ですよ。彼はいつも浮気をしているよ。)



A: Oh my god! Ben just tried to kiss me!
(やばいよ!ベンは私にキスしようとしてたよ!)

B: He’s such a sleazebag! He tries that with everyone!
(彼はスケベな男だよね! みんなにそうしようとしているよ!)



A: I really like James. Do you think I should ask him on a date?
(私はジェイムズの事が好きです。デートに誘った方がいいと思う?)

B: I don’t think so. He’s very good-looking but he has a reputation as a sleazeball.
(いや、辞めた方がいいと思う。彼はとてもハンサムですけど、女癖が悪いという評判がありますよ。)





まとめ:sleazeの意味と使い方について


まとめると、「sleaze」や「sleazy」という単語はイギリス英語でもアメリカ英語でも使われていますが、使い方が違います。

イギリス英語でsleazeは主に政治界のスキャンダルについて話す際に使われます。そして主に「不道徳さ、スキャンダル、不正、退廃」というニュアンスを与える単語になります。

一方、アメリカ英語でsleazeは「女癖が悪い男」や「スケベな人」というニュアンスを与える単語になります。つまり、性的なニュアンスを与える単語です。

sleazeの意味は全ての英語圏の国で通じますが、イギリス英語とアメリカ英語に関してはニュアンスの違い、使い方の違い、使用率の違いがあります。

以上になります。イギリス英語に関する質問がある方は是非ご連絡くださいね! 質問お待ちしております^^。


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら