イギリス英語

arriveと一緒に使う前置詞 atとin正しいのはどっち?

arrive in~とarrive at ~はどちらが正しい?

arrive inの使い方とarrive at + 場所名の使い方


Mairi
Mairi
皆さんこんにちは。今回の記事では読者の方から頂いた「arrive at~、arrive in~」に関する質問に答えてみたいと思います。


具体的な質問内容としては「arrive at London」というフレーズに関する質問になります。

それでは、実際に頂いた質問はこちらになります:


読者の方の質問:


教科書の本文に”arrive at London”とあったのですが、学校で使っている竹岡広信さんのLEAP Basicでは、arrive at Londonとなっています。

正しい答えが分からないので、教えてもらえると助かります。



参考資料:LEAP BASIC


created by Rinker
数研出版
¥1,023
(2022/09/29 13:27:50時点 Amazon調べ-詳細)



まずはご質問ありがとうございました。そして、当サイトをご覧いただきありがとうございます。

私は実際にこのLEAP Basicという教科書を見たわけではないので、詳しい事はこの質問からだと推測は難しいですが、出来る限りわかりやすく関係情報も含めてお話していきたいと思います。

実は私は以前に書いた記事で「arrive + 前置詞」の使い方を紹介しました。宜しければこちらの記事もご覧ください。




この記事では「町や国の名前」を使う際には「arrive in ○○」というパターンを使う必要があると書きました。そのために、正しい言い方・書き方は「arrive at London」ではなく「arrive in London」になります。

つまり、英語ネイティブの視点からみて「arrive at London」は誤っていると思います。

英語ネイティブの私であれば、必ず「arrive in London/Tokyo/New York」などのパターンを使います。

それでは、実際の英語ネイティブの使い方をこのパターンを覚えるために見てみましょう。


arrive inの使い方 例文



A: When did Milly arrive in London?
(ミリーはいつロンドンに着きましたか。)

B: She arrived in London yesterday.
(彼女は昨日ロンドンに着きました。)



A: What time will you arrive in Tokyo?
(何時に東京に到着する予定ですか。)

B: I think I will arrive in Tokyo at about midday.
(正午くらいに東京に着くと思います。)



A: Tell me when you arrive in Japan.
(日本に到着したら教えてね。)

B: Sure. I’ll call you as soon as I arrive.
(うん。到着したらすぐに連絡するよ。)





arrive at Londonという言い方は使えるのか?




先程もお話したように英語ネイティブであれば「arrive in London」という言い方が正しい言い方になります。しかし、「London Heathrow」といった空港の名前や「London King’s Cross」などの駅の名前を使う場合には「arrive at London ○○」という言い方は使えます。

そのため「arrive at London」という省略は可能ですが、ロンドンには駅や空港が多いので、そういった際には必ず「London ○○」という言い方をする事が普通です。

つまり、「ロンドンヒースロー空港」は「London」という省略ではなく「Heathrow」という省略になります。そのため「arrive at London Heathrow」や「arrive at Heathrow」という言い方はよく耳にしますが、「arrive at London/London airport」という言い方は殆どしないと思います。

それでは実際に「空港・駅」に到着した場合に使う英語を例文で覚えていきましょう。


arrive at + 空港・駅の使い方 例文



A: What time will you arrive at London Heathrow?
(何時にロンドンヒースロー空港に到着する予定ですか。)

B: I should arrive at 10pm.
(夜の10時に到着するはずです。)



A: Will Peter arrive at London King’s Cross or London St Pancras?
(ピーターはロンドンキングズクロス駅に到着しますか。それともロンドンセントパンクラス駅に到着しますか。)

B: He will arrive at King’s Cross.
(彼はキングスクロスに到着しますよ。)



A: What time will this train arrive at London Waterloo Station?
(この電車は何時にロンドンウォータールー駅に着く予定ですか。)

B: It’s running 10 minutes late, so it should arrive at Waterloo at 14:10.
(10分遅れていますので14:10にウォータールー駅に到着するはずです。)





まとめ:arrive at Londonは正しいのか


まとめると、私が以前の記事で書いた通り、正しい言い方は「arrive in London」です。しかし、文脈によって「arrive at London ○○」は可能です。

先程もお話したように私の手元には「LEAP Basic」という教材の資料がありませんので、詳しいアドバイスをする事は出来ません。

実際に本の内容を見てもっと詳しい内容を確認できれば的確なアドバイスは出来たと思いますが、私が想像するにおそらく「arrive at London 駅・空港」という文脈で「at」を使っていたのではないかと思います。

しかし、時々こういった英語教材では、英語ネイティブの文法チェックが行われていない教材もあります。そういった教材には、そういう不自然な文章が出てくる可能性があります。

時々、書店に並ぶような英語教材にも細かい英語のミスがありますので、出来るだけ英語ネイティブが校正した教材を選ぶようにした方がいいと思いますので、教材選びには気を付けて下さい(笑)。

他にも気になる英語の質問がある方は是非ご連絡くださいね! 英語の勉強を頑張って下さいね。

➡ 質問はこちら

イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュマスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
➡ 教材の詳細