イギリス英語

weekendと合わせて使う前置詞はどれ? on、at、over the weekendの使い分け

weekendと一緒に使う前置詞とは? on、at、over the weekendの使い分け

weekendと一緒に使う前置詞はどれが正しい? weekendに関するイギリス英語のスラングとは?


Mairi
Mairi
皆さんこんにちは。今回の記事では「weekendと一緒に使う前置詞」というテーマについてお話してみたいと思います。


やはり、どの国の言語でもスモールトークでは、よく「週末」というテーマがよく出てきますね。しかし、英語で「weekend」について話す際には、何の前置詞を一緒に使うべきなのか皆さんはご存じでしょうか。

実はこういった際の前置詞は文脈によって異なる前置詞を使う必要があります。それ例外にも、英語圏の国によってそれぞれ異なる前置詞を使う習慣があります。これは意外に複雑なテーマになります。

そのため、今回の記事では「weekend」と一緒に使う前置詞について詳しく紹介したいと思います。それぞれの文脈と、英語圏各国の前置詞の違いも紹介したいと思います。

そして、いつものように実際にネイティブとの会話で使える例文も数多く紹介したいと思います。




アメリカ英語でよく使う on the weekend


アメリカ英語でよく使う on the weekendという表現

まず最初に紹介する「on the weekend」という表現は主にアメリカ英語(カナダ英語も含め)で伝われている表現です。多くの場合、ある習慣的に行う行動について話す際に使います。

例えば、分かりやすい例として「on weekends I go swimming」(週末は水泳をする習慣がある)などの言い方がよく使われています。「on (the) weekend」という表現は単純に「週末に」という言い方になります。

基本的にアメリカ英語を話す人は「on」という前置詞を使います。それでは、実際のネイティブの使い方を例文で覚えていきましょう!


on the weekendの使い方 例文



A: What do you usually do on weekends?
(あなたはいつも週末に何をしますか。)

B: I usually relax and watch TV at home.
(私は家でリラックスしながらテレビを観ます。)



A: Did you do anything interesting on the weekend?
(週末に何か面白い事をしましたか。)

B: Yeah, I went to a basketball game. It was awesome!
(はい、バスケットボールの試合を観に行きました。とても楽しかったですよ!)



A: Do you cook on weekends?
(週末は自炊しますか。)

B: No, I cook for myself during the week, but on weekends I like to eat out.
(いいえ。平日は自炊しますが、週末は外食するのが好きです。)





イギリス英語でよく使う at the weekend


イギリス英語でよく使う at the weekend

先程の「at the weekend」は以前に紹介した「on the weekend」と同じ意味で使い方も同じですが、主にイギリス英語の表現です。つまり、アメリカ英語では「on」を使い、イギリス英語では「at」を使います。

これらはどちらもどの国でも通じますが、この違いは単純に使用率の違いだけです。オーストラリア人は主にアメリカ英語の「on」を使う傾向にあります。

使い方の詳細については上記の「on the weekend」と同じです。それでは実際の使い方を例文で確認してみましょう。


at the weekendの使い方 例文



A: What did you do at the weekend?
(週末に何をしましたか。)

B: I went to the beach with my family.
(家族と海に行きました。)



A: Did you see the football match at the weekend?
(週末にあのサッカー試合を観ましたか。)

B: Yes, it was a great match! I’m glad City won!
(はい!とてもいい試合でしたね。シティが優勝できて嬉しかったです。)



A: Did you go to that party at the weekend? What did you wear?
(週末にあのパーティーに行きましたか。何を着ましたか。)

B: I did. I wore my short blue dress. I’ll show you some photos.
(行きましたよ。青色の短いワンピースを着ました。写真を見せますよ。)



A: Do you play sports at the weekend?
(週末にスポーツをする習慣はありますか。)

B: Yes, I play tennis every weekend.
(はい。毎週の週末テニスをします。)





単数形で使う表現 over the weekend


単数形で使う表現 over the weekend

この「over the weekend」という表現は必ず単数形で使う表現になります。つまり「その時だけの週末」について話す際に使う表現です。

ですから「何かを習慣的に行う行動」についての会話では使いません。この表現は「during the weekend」という表現と全く同じ意味で使い方も同じです。

この「over」や「during」は「~の間」という意味になります。つまり、「金曜日の夜から日曜日の夜までの間」というニュアンスを与える表現です。



それでは、実際の英語ネイティブの使い方を例文でみていきましょう。


over the weekendの使い方 例文



A: Did you go anywhere over the weekend?
(週末にどこかに行きましたか。)

B: No, we didn’t go anywhere. We just stayed at home.
(いいえ。どこにも行きませんでした。家で過ごしただけです。)



A: Did you see your boyfriend over the weekend?
(週末に彼と会えましたか。)

B: Yes, we met on Saturday night and went to the theatre.
(はい。土曜日の夜に劇場に行きました。)



A: Did you work over the weekend?
(週末に仕事をしましたか。)

B: No, I managed to finish all my work on Friday.
(いいえ。金曜日に全ての仕事を終わらせました。)





in a weekend、for a weekendという使い方は可能?


in a weekend、for a weekendという使い方は可能?
先程紹介した「on/at/over」は最もよく使われる前置詞ですが、他にも「前置詞+weekend」という組み合わせもあります。しかし、この使い方は文脈がとても重要です。

例えば、「in a weekend」は「週末中に(〇〇ができる)」というニュアンスを与える表現です。この表現は何かの仕事・タスクを週末中に終わらせられるかどうかといった内容の会話で使います。しかし、「in the weekend」という言い方は使えません。必ず「in a weekend」という言い方になります。

そして、「for a/the weekend」という組み合わせも文脈によっては使えます。例えば、「stay at a hotel for the weekend」「週末にホテルで泊まります」といった表現では使えます。

これは「(週末の)二日間〇〇で泊まる」という意味になります。そして「週末のために」という意味になる「for the weekend」という使い方もあります。例えば「get ready for the weekend」は「週末のために準備する」という意味になります。

それでは、文章の説明が長くなってしまったので、実際のネイティブの「in/for a/the weekend」の使い方を例文でみてみましょう。



in/for + weekendの使い方 例文



A: How long will this project take?
(このプロジェクトはどのくらいかかりますか。)

B: I think I can finish it in a weekend.
(週末中には終わると思います。)



A: Are you going to paint the kitchen yourself?
(自分でキッチンにペンキを塗るんですか。)

B: Yes. If I do it quickly, I can get it done in a weekend.
(はい。急いでやったら週末中にできると思います。)



A: How long did you stay in Edinburgh?
(どのくらいエジンバラに泊まりましたか。)

B: We just stayed for a weekend.
(週末の二日間だけ泊まりました。)



A: Are you ready for the weekend?
(週末のための準備ができましたか。)

B: Yes. I’ve got all my camping gear ready already!
(できましたよ。もうキャンプの用具を準備しましたよ。)




weekendに関するイギリス英語のスラング


おまけとして、プラスアルファのイギリス英語のスラング表現として「a dirty weekend」という表現を紹介したいと思います。

これはラブラブ中のカップルが行う「週末旅行」という意味になります(笑)。例えば、「We had a dirty weekend in Brighton」(私たちは週末にブライトンで泊まりました)という表現があります。これを日本語に直訳する事は難しいのですが・・「男女の情事で過ごす週末」というニュアンスです(笑)。

そして「Bank Holiday weekend」というイギリス英語の表現もあります。これは日本語だと「連休」になります。つまり、「週末とくっつた祝日」という意味です。実はイギリスの祝日はほとんどの場合は月曜日になります。

つまり、日付に関わらず「イギリスでは祝日は月曜日にする」というルールがあります。(クリスマスなど以外!)。ですから、日本の祝日のように「木曜日が休み」といった祝日はあまりないです。

日本でもこれをやってほしいなといつも思います(笑)。 この表現の使い方は「We went to Cornwall for the Bank Holiday weekend」(私たちは連休にコーンウォールに行きました。)といったように使います。


まとめ: weekendと一緒に使う前置詞


まとめると「weekend」と一緒に使う前置詞は文脈によって異なります。一般的に「on」(アメリカ)か「at」(イギリス)という前置詞を使いますが、「over」、「in」、「for」という言い方も使えます。

それでは、今回はこれで以上になります。他にも何か英語を勉強していて気になる事、疑問があった方、ネイティブの英語表現についてもっと知りたい事がある方は、是非質問くださいね!


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュマスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
➡ 教材の詳細