イギリス英語

イギリスの映画やテレビドラマによく出てくるイギリス英語のスラング紹介:「arse」(お尻)関係のスラングとイディオムの使い方紹介(パート1)

「arse」(お尻)関係のスラングとイディオムの使い方

イギリス映画・テレビドラマでよく使われる「arse」(お尻)関係のスラングとイディオムの使い方紹介(パート1)



イギリスの映画やテレビドラマを観ていると、今までに聞いた事がないような多くのスラング、罵り言葉が出てくる事があると思います。イギリス人が話すような英語をマスターしたいと思っている方は是非、アクセントや発音と同時に、スラングも覚えて欲しいところです(笑)。


そこで今回もイギリス英語特有のスラング(罵りの言葉)を紹介していきたいと思います。今日は「arse」というちょっと下品な単語をクローズアップしてみたいと思います。


「Arse」という単語はイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、南アフリカで使われているスラングです。アメリカとカナダでは「ass」という単語を使います。

「arse」又は「ass」は簡単に言うと、「お尻」や「けつ」という意味になります。「arse」という単語が含まれて表現やイディオムは数多くありますので知っておくと意外と役に立つ単語です(笑)。


そのような事もあり、今回はイギリス英語のスラング・罵りの言葉として「arse」(お尻)に関係するスラングとイディオムを紹介していきたいと思います。



「arse」(お尻)関係のスラングとイディオムの使い方「arse」(お尻)関係のスラングとイディオムの使い方

スラング・イディオムに関する記事:



よく使われるイギリス英語のスラング: 1. Arse




Arse (お尻)



この単語は少し下品な言い方なので使う際には気をつけた方がいいと思います。もう少し丁寧な言い方をしたい場合は「bottom」や「bum」という単語を使います。しかし友達と話す際には「arse」と言っても大丈夫だと思います^^


例文:

イギリス英語: My arse is so big that I can’t fit into these trousers.
日本語: 私のお尻は大きすぎてこのズボンに入らない。




よく使われるイギリス英語のスラング: 2. Arsehole




Arsehole (けつの穴・いやなやつ)


この単語はとても下品なので人に対して使うと・・喧嘩になる可能性が高いです!


例文:

イギリス英語: My boss is a complete arsehole.
日本語: 私の仕事の上司はとても嫌な奴だよ。




よく使われるイギリス英語のスラング: 3. to arse around/about




to arse around/about (ふざける・サボる・時間を無駄にする)



この少し下品な句動詞は日常会話でよく使われています。前の記事で紹介した「piss around/about」と同じ意味で使い方も同じです。


例文:

イギリス英語: Stop pissing about and get on with your work.
日本語: ふざけないで、遊ばずに仕事をやり続けろよ。




よく使われるイギリス英語のスラング: 4. can’t be arsed




can’t be arsed (やる気がない)



このスラング表現は日常会話でよく出てきます。少し下品な言い方なので、友達や仲の良い間柄の人との会話ではOKですが、それ以外では使わない方がいいでしょう^^。もう少し綺麗な表現をしたいのであれば「can’t be bothered」という言い方になります。


例文:

イギリス英語: I can’t be arsed to cook tonight. Let’s eat out.
日本語: 私は今日、料理を作る気がないよ。外食しよう。




よく使われるイギリス英語のスラング: 5. to arse (something) up




to arse (something) up (大失敗をする事)



このスラングのもう少し綺麗なバージョンは「to mess (something) up」という表現になります。そして、イギリス英語では「to cock (something) up」というもう一つ別の言い方があります。


例文:

イギリス英語: I was trying to make a cake but I arsed it up.
日本語: 私はケーキを作ろうとしてたけど、失敗しちゃった。


「Arse」関係のスラングとイディオムはこれ以外にも数多くありますので、次の記事でさらに詳しく紹介していきたいと思います^^


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら