イギリス英語

「映画館」はイギリス英語で何と言う? アメリカ英語で映画館の言い方は?

「映画館」はイギリス英語で何と言う? アメリカ英語で映画館の言い方は?

イギリス英語の「映画館」という言い方はアメリカ英語とは違います!



Mairi
Mairi
皆さん、こんにちは! 今回はこのサイトでは映画について紹介する事も多いですが、実は「映画館」という単語にもイギリス英語とアメリカ英語の違いがあります。そこで、今回の記事では「イギリス英語の映画館」の言い方と「アメリカ英語の映画館」の言い方を紹介したいと思います。


この「映画」や「映画館」という話は日常英会話でよく出てきますから、イギリス英語とアメリカ英語の言い方を両方覚えておいた方が良いと思いましたので、紹介してみようと思いました^^。

そして、英米の言い方の違いだけではく、その他の役に立つ例文も同時に紹介してみたいと思います。それでは、映画館はイギリス英語で何と言うのでしょうか?






イギリス英語で「映画館」という意味の「cinema」


イギリス人は「映画館」について話す際に「cinema」という言い方をします。この単語はフランス語から来た外来語です。

しかし、「cinema」というフランス語は元々ギリシャ語の「kinema」という単語から来ています。そのギリシャ語の意味は元々「動き」という意味でした。

イギリス英語の「cinema」の発音は「セィネマー」に近いです。「cinema」の複数形は「cinemas」になります。「cinema」という単語は「映画館」という意味だけではなく、「映画産業」や「映画業界」という意味もあります。


「映画館」はイギリス英語で何と言う? アメリカ英語で映画館の言い方は?
それでは、イギリス英語の「cinema」の使い方を例文で確認してみましょう!


イギリス英語の「cinema」の使い方 例文:



Let’s go to the cinema tonight.
(今夜映画館に行きましょう。)


What’s on at the cinema this weekend?
(今週末、映画館で何の映画が上映されていますか?)


What time does the cinema open?
(映画館は何時からやっていますか?)


Is there a cinema in this town?
(この町には映画館がありますか?)


I like French cinema.
(私はフランスの映画が好きです。)
※この使い方の「cinema」は「映画館」ではなく「映画・映画業界」という意味になる。




アメリカ英語で「映画館」という意味の「movie theater」



イギリス英語の「cinema」という単語はアメリカでも通じますが、一般的にアメリカ英語で「映画館」は「movie theater」と言います。「movie」という単語は「映画」という意味になり、「theater」は元々「劇場」という意味です。

ちなみにイギリス人は「movie theater」という言い方は全く使いません。イギリス英語の「theatre」(スペルも違います!)は「劇場」という意味になります。そして、病院の「手術室」はイギリス英語で「operating theatre」といいます。


「映画館」はイギリス英語で何と言う? アメリカ英語で映画館の言い方は?
それでは、アメリカ英語の「movie theater」の使い方を例文で確認してみましょう!


アメリカ英語の「movie theater」の使い方 例文:



My sister works at the movie theater.
(私の妹は映画館で働いています。)


This movie theater was built 50 years ago.
(この映画館は50年前に建てられました。)


Let’s call the movie theater to find out what movies are showing.
(何の映画が上映されているのかという事を確認するために映画館に電話しましょう。)


The movie theater in this town closed down last year.
(この町の映画館は去年つぶれました。)


I’m going to the movie theater tonight on a date.
(私は今夜デートで映画館に行きますよ。)




イギリス英語で「映画」という意味の「film」


イギリス人は「映画」について話す際に殆どの場合「film」という言い方をします。しかし、これは「イギリス英語特有の言い方」という訳ではありません。「film」という単語は全ての英語圏の国で使われています。

また、「movie」という単語も「映画」という意味になりますが、イギリスでは「film」という言い方の方が一般的です。


ネイティブの「film」の使い方 例文:



I saw a really good film yesterday.
(私は昨日とても良い映画を観ました。)


Do you want to watch a film tonight?
(今夜映画でも観ようか?)


This film is rubbish.  Let’s watch something else.
(この映画はつまんない。違うのを観よう。)


This actor appeared in that film we watched yesterday.
(この俳優は昨日観た映画に出演した。)


I enjoy watching films and listening to music.
(私は映画を観たり音楽を聴いたりする事が好きです。)




movieはアメリカ英語なのか!?


私は昔「movie」という単語はアメリカ英語だと感じていましたが、最近になってイギリス人もこの単語を日常会話で使います。ですから、単純にアメリカ英語、イギリス英語として区別するのではなく「普通の英語」として紹介した方がいいと思いました^^。

私は個人的に「film」という単語を使っていますが、私のイギリス人の知り合いは「film」だけではなく「movie」という単語も使っています。

「movie」という単語は元々「moving picture」「直訳:動いている画像」の省略です。それは昔の「映画」の言い方でした。


movieはアメリカ英語


ネイティブの「movie」の使い方 例文:



I really enjoyed that movie.
(私はその映画が本当に楽しかったです)


I like action movies.
(私はアクション映画が好きです。)


This movie is set in London.
(この映画はロンドンが舞台です。)


I have never seen that movie.
(私はその映画を観た事がないです。)


I don’t want to watch a movie tonight.  Let’s go to a bar.
(私は今夜映画を観たくない。バーに行こうよ。)




director(監督)の発音について


directorの発音と意味

映画の監督は英語で「director」といいますが、イギリス英語の発音とアメリカ英語の発音には違いがあります。イギリス人は一般的に「ダイレクター」という発音を使っています。

そして、アメリカ人は一般的に「ディレクター」という発音を使います。勿論、それぞれの国の中にも地方訛りの違いがあります。



「映画館」はイギリス英語で何という:まとめ


まとめると、イギリス英語で「映画館」は「cinema」といいます。そして、アメリカ英語は「movie theater」といいます。「映画」という単語はもう少し複雑です。一般的にイギリス人は「film」という言い方をしますが、「movie」という単語の使用率も上がっています。

そして、アメリカ人は一般的に「movie」という単語を使いますが、「film」という言い方も使います。私が子供の頃、「the pictures」という言い方を使いました。これは少し古い言い方なのであまり耳にしませんが、年上のイギリス人(アメリカ人も?)はこの言い方をまだ使います。

例えば、「Let’s go to the pictures」(映画を観に行こう)のような言い方を使っていました。それでは、いつか映画について英語で話す際には、今回紹介したボキャブラリーを使ってみてくださいね^^



イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら