イギリス英語

英語で国を表現する際の代名詞は「she」か「it」どちらを使うべき?

英語で国を表現する際の代名詞は「she」か「it」どちらを使うべき?

読者の質問:英語で国について書く際の代名詞はどれを使うべきなのか?



Mairi
Mairi
皆さんこんにちは。長いゴールデン・ウィークウィークは楽しく過ごせましたか? 今回の記事は読者の方から頂いた質問に答えてみたいと思います。頂いた質問は「英語で国を表現する際の代名詞」というテーマになります。



頂いた質問内容はこちら:


読者の方の質問:


こんにちは。いつも楽しく拝読しています。

さて質問なのですが、約100年ほど前の古い文献を読んでいた時に

Crete had fallen and henceforward she was to be a mere satellite of the world centring round Greece… .

という文が出てきました。この文章の ‘she’ は明らかに Crete のことだと思うのですが、地名を she という3人称単数で置き換えることは出来るのでしょうか。

個人的には古典語では地名が女性名詞なので Crete という地名を she として書いているか、もしくはヴィクトリア朝の影響的な何かなのか、それとも単純に英語のレトリックとしてこのような用法があるのか、などと思っているのですが、この点について教えて頂ければ幸いです。





先ずはご質問ありがとうございました。そして、いつも当サイトを読んで頂きましてありがとうございます。それでは、早速頂いた質問に答えてみたいと思います。

単刀直入に説明すると、この場合「she」の代わりに「it」を使っても大丈夫です。しかし、せっかく頂いた質問なので、これだけだと面白い回答になりませんので、これから英語の代名詞の使い方についてさらに詳しく紹介してみたいと思います。






「国」はどうして「she」になるのか?


英語では、一般的に無生物について書く際に「it」という代名詞を使いますが、これが国の場合には「she」を使う場合があります。それは何故なら、「国は母親のような存在」という考え方から来ています。

英語では「mother country」(=本国、祖国)という表現があります。これは、つまり「国は女性」として考えられているからです。


英語で国を表現する際の代名詞は「she」か「it」どちらを使うべき?

実はこういったコンセプトは英語だけではなく、他の言語にもあります。例えば、ロシア文学を読むと「Mother Russia」という表現がよく出てきます。そして、多くの場合、国のシンボルは女性です。

例えば、イギリスの「シンボル」は「Britannia」という女神です。そしてアメリカの「God Bless America」という愛国歌を聴くと「Stand beside her and guide her.」という歌詞がある事に気が付きます。

それらの「her」は”アメリカ”に当たる代名詞になります。日本語でも「母校」や「母国」などの表現が使われていますよね。

無生物の「she」の使い方は国だけではなく、「船」や「飛行機」などの”乗り物”を表現する際にも「she」を使います。会員や船員は自分の船の事を「she」と呼ぶ習慣があります。

船は母親のように中に乗っている船員を守る物として考えられているので「she」と呼ばれます。分かりやすい例として、タイタニック号の沈没についてのニュース記事を見てみましょう。

下記の記事はイギリスのGuardianという新聞で公開された内容ですやはり、タイタニック号は「she」と「her」になっています。

The Titanic started her trip from Southampton for New York on Wednesday. Late on Sunday night she struck an iceberg off the Grand Banks of Newfoundland. By wireless telegraphy she sent out signals of distress, and several liners were near enough to catch and respond to the call.







英語で「国」や「船」を表現する際の代名詞として「she」は古い言い方なのか?


古い小説や新聞記事、エッセイなど読んでいると、代名詞として国や船は「she」として表現されています。しかし、最近では、この「she」の使い方は減ってきていると思います。現代の新聞記事や本では「she/her/hers」の代わりに「it」や「its」を使うライターが多いと思います。

現在のトレンドとしては「無生物に性別を与えない」という傾向が一般的です。その為、国や船を表現する際の代名詞として「she」を使うと少し古い印象を与えます。現在のライターが「she/her」を使った場合、わざと詩的なニュアンスを与えようとしているのではないかと思います。


英語で国を表現する際の代名詞は「she」か「it」どちらを使うべき?

例えば、英語のウィキペディアでCreteの歴史を調べると、「she」ではなく「it」という代名詞が使われています。

Crete was eventually acquired by Venice, which held it for more than four centuries (the “Kingdom of Candia”).





英語で国を表現する際の代名詞の使い方のまとめ


まとめると、古い記事・本・小説を読んでいると「国・船」は「she/her」になる場合が多いです。それは何故なら、国・船は「母親」のように人々を守るイメージがあるからです。

しかし、現在の英語のライティングスタイルでは、「国・船」は殆どの場合「it」になります。しかし、「詩のようなスタイル」で文章を書く場合には「she/her」を使えます。「she/her」を使うと、その国(または船などの乗り物)に人間的な性格・存在・意思を与えてしまいます。

そのため、ドライなニュース記事などの文章では「it」を使う事が一般的です。以上になりますが、期待通りの回答になりましたか^^ 他にも質問があれば、是非ご連絡くださいね^^



イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら