イギリス英語

イギリス英語学習者は必見!イギリス英語でよく使われるイディオム一覧ガイド(パート1)

イギリス英語でよく使われるイディオム一覧ガイド

イギリス英語で最もよく使われているイディオム一覧紹介



イギリス人である私から、イギリス英語を学びたい人と思っている人に一つアドバイスとして、イディオムとスラングの重要度この事を理解しておく必要があると思います。

イギリス人は、イディオムとスラングが大好きで、日常会話においても、度々スラングとイディオムが使われています。


そして、イギリス人がよく使うイディオムは、アメリカ人の使うイディオムとかなり違うものが多いです。

もし、留学生や観光客としてイギリスに行った場合、これから紹介するイディオムは、非常によく耳にする言葉だと思います。


そこで今回の記事では、イギリス人が会話中に最もよく使うイディオムを紹介していきたいと思います。

参考記事:(イギリス英語でよく使われている諺(イディオム)を紹介!パート1


イギリス英語でよく使われるイディオム一覧ガイドイギリス英語でよく使われるイディオム一覧ガイド

おすすめ記事:




イギリス英語のイディオム一覧



Bob’s your uncle

この表現は中年の方や、お年寄りによく使われています。若者も使う場合がありますので、覚えた方が良いイディオムだと思います。もし誰かに、何かのやり方を説明したければ、最後に「and Bob’s your uncle」を付けます。このイディオムの意味としては、日本語の「以上です。」、「それで終わり。」のようなフレーズです。


cheap as chips

何かが「cheap as chips」であれば、その物がとても安いという意味です!
正式な日本語の意味として、「とても安い」という意味になります。


drunk as a lord

イギリスでは、お酒のカルチャーが強いので、「酔っ払っている」という表現を表す際に使います。この表現は、丁寧な言い方なので、日常会話でも使っても大丈夫です!(笑)
正式な日本語の意味として、「酔っ払っている」という意味になります。


give (someone) stick

この表現は「誰かを批評する」という意味です。サッカー選手と監督はインタビューでよく使うので、サッカーのファンは覚えておいた方が良いと思います!これを覚えてイギリスのサッカースラングをマスターしましょう。


to go spare

正式な日本語の意味として「怒る」という意味になります。

例えば:
My dad went spare when he realised I had scratched his car.

私のお父さんは、私が彼の車に傷を付けたという事に気が付いた時、とても怒ってきました。


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら