イギリス英語のpuddingの意味とイディオムとしての使い方とは?

イギリス英語のpuddingの意味とイディオムとしての使い方とは?
目次

イギリス英語でよく使う料理名puddingの色々な意味とは?

イギリス英語を勉強している方・イギリス文化に興味がある方の中には「pudding(プディング)」という言葉を聞いた事がある人も多いと思います。

以下で詳しく紹介しますが、イギリス英語でpudding(プディング)とは「小麦粉とミルクで作ったディッシュ」の事を指すので広い意味を持ちます。

今回はそのpudding(プディング)という言葉を題材してイギリス英語を紹介したいと思います。食べ物を題材に英語を勉強するという教材は以外と多いみたいですね。中にはこんなテーマの本もありますね。

created by Rinker
¥1,760 (2024/05/27 00:22:38時点 Amazon調べ-詳細)

アメリカ英語でのpudding(プディング)の意味とは?

アメリカ英語で「pudding」とは、日本の「プリン」のようなものです。アメリカの「pudding」は、卵、砂糖、牛乳を使って作られるデザートです。

アメリカ英語においてpudding(プディング)という言葉はこの使い方しかありません。しかし、イギリス英語では「プリン」は「creme caramel」や「custard pudding」と呼ばれています。

イギリス英語のpudding(プディング)とはどんな意味?

イギリスでpudding(プディング)とは様々な広い意味として使われます。冒頭でも触れたように元々の意味は「小麦粉とミルクで作ったディッシュ」という意味になります。

ですからpudding(プディング)の種類には、甘い味付けのプディングもありますし、甘くないプレーンなプディングもあります。

イギリスの甘い味付けのプディングはイメージ的に日本の「蒸しパン・ケーキ」のような物です。例えば、Christmas Pudding(クリスマスプディング)は味が濃く、アルコールとドライフルーツ入りの蒸しケーキです。これもプディングの一種です。

他にはSummer Pudding(サマープディング)は、イチゴ、ラズベリー、ブラックベリー入りのパン入りのデザートです。これもプディングの種類です。

そして、イギリスでは定番のデザート Sticky Toffee Pudding(スティッキー・トフィー・プディング)は、デーツ(ナツメヤシの実)とトフィの蒸しケーキです。

甘くないプレーンなプディングの種類の中で有名な食べ物としては「ヨークシャープディング」が最も有名だと思います。

ヨークシャープディングとは「小麦粉に牛乳・卵黄などを加え、肉汁をかけて焼いたもの」の事をそのように呼びます。肉、野菜、ジャガイモと一緒にグレイヴィーソースをかけて食べる料理です。  

ソーセージのようなプディングもあります。Black pudding(ブラックプディング)とは、豚の血で作られたソーセージです。これはイギリスの伝統的な朝ご飯のメニューです。

White pudding(ホワイトプディング)は血が入っていない豚のソーセージです。肉、パン粉などの材料が入っています。これはスコットランドとアイルランドで人気のあるソーセージです。

プディングは元々上記のように食べ物を表現する単語でしたが、「プディング」=「甘い物」というイメージから、少しずつ「プディング」=「デザート」という意味として使われるようになってきました。

イギリス人の多くは「dessert」の代わりに「pudding」という単語をよく使います。昔は「pudding」という呼び方をする人と「dessert」という呼び方をする人の間にクラス(階級制度)の違いがあるというイメージがありましたが、現在は両方の言い方が使われています。

Puddingに関連するイディオムやことわざ紹介

「pudding」という単語は英語圏において様々な表現・イディオムとして使われる事が多いです。

The proof of the pudding is in the eating.

これは古いことわざで直訳すると「プディングの証明は食べる事の中にある」という意味になります。日本語にすると「成功したかどうかは確認しないと分からない」という意味になります。

例文:

A: It looks like you have fixed the computer!
(あなたはパソコンを治したみたいね!)

B: Maybe, but I haven’t tried using it yet – the proof of the pudding is in the eating!
(多分そうだけど、まだ使ってみてないよ! 確認しないと直ったかどうか分からないね。)

※この表現はイギリス英語だけの表現ではありません。アメリカ英語でも使われているようです。

To over-egg the pudding.

これはイギリス英語でイディオムとして使われている表現です。「必要以上の事をする」という意味になります。直訳すると「プディングに卵を入れすぎる」という意味になります。

つまり「努力しすぎるとネガティブな結果になる可能性がある」というニュアンスを表現しているイディオムです。省略して「over-egg」だけで使っても大丈夫です。

例文:

I like the colour purple but I think wearing a purple dress and purple shoes is over-egging the pudding a bit.
(私は紫色が好きなんだけど、紫色の靴と紫色のワンピースを同時に着るなんて、ちょっとやり過ぎだと思うよ。)

to be in the pudding club

意味としては「妊娠する」という意味になります。この表現は少し古いと思います。現在では代わりに「to be in the club」という表現の方が使われていると思います。

例文:

I heard that Karen is in the (pudding)club.
(私はカレンが妊娠したと聞きました。)

Wouldn’t pull the skin off a rice pudding.

意味としては「弱い、力がない」といった意味になります。直訳すると「○○はライス・プディングから膜を取れない程弱い」

※ライス・プディングとは、ご飯と牛乳で作られたイギリスのデザートの事。学校の昼食に出そうなデザートです。

例文:

This car’s engine wouldn’t pull the skin off a rice pudding.
(この車のエンジンは力が弱すぎて仕方ない。)

イギリス英語のpuddingの意味とイディオムとしての使い方とは?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアよろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

イギリス英語のバイブル教材

イギリス英語のバイブル ブリティッシュイングリッシュマスター 

 

ブリティッシュイングリッシュマスターは本サイトの運営者である私が完全監修・制作したイギリス英語を習得する為の専門教材です。音声のレコーディングから、本文の例文は私が作っているので、ネイティブのイギリス人としての英語のニュアンスはとても自然な英語です。

ネイティブのイギリス人が日常的に使う自然なフレーズ、アメリカ英語との違いを比較しながら、イギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

本書ではイギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。
RPアクセントの音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語の発音が勉強出来ます。

 

目次