イギリス英語

ガソリン、ガソリンスタンドはイギリス英語で何と言う? アメリカ英語との違いは?

ガソリン、ガソリンスタンドはイギリス英語で何と言うでしょうか?

イギリス英語で「ガソリン」や「ガソリンスタンド」は何と言うのか?


Mairi
Mairi
皆さん こんにちは。今回の記事では、イギリス英語特有のボキャブラリーとして「ガソリン」や「ガソリンスタンド」のイギリス英語の言い方を紹介したいと思います。


日本語の「ガソリン」という言葉は英語の「gasoline」から来たものだと思います。しかし、この言い方はイギリス英語では使われていません。

それでは、イギリス英語では「ガソリン」という場合にどんな言い方がされているのでしょうか?






イギリス英語で「ガソリン」という意味になる「petrol」


イギリス英語では「ガソリン」の事を「petrol」と言います。これは元々「petroleum(石油)」という単語の省略です。

ガソリンスタンド」はイギリス英語で「petrol station」になりますが、時々「garage」という言い方もされています。

さらに、もう一つの言い方として「filling station」という言い方もあります。


ガソリン、ガソリンスタンドはイギリス英語で何と言うでしょうか?

「Petrol」という単語は色々なスラング単語に出てきます。「Petrolhead」というスラングは元々オーストラリア英語でしたが、現在イギリス、ニュージーランド等の国でも使われています。

これは「車に夢中になっている人」や「大の車ファン」という意味になります。それでは、例文を通して単語の使い方を覚えましょう!


イギリス人の「petrol」の使い方 例文:



I need to go to the petrol station. The tank is almost empty.
(ガソリンスタンドに行かないとダメだよ。ガソリンはもう直ぐなくなるから。)


My brother works at a petrol station.
(私の弟はガソリンスタンドで働いています。)


We’ve run out of petrol.
(ガソリンはもう無くなったよ。)


Petrol is really expensive in the UK.
(イギリスではガソリンはとても高いです。)


My boyfriend is a real petrolhead. He is always reading car magazines and watching Top Gear.
(私の彼氏は車の大ファンです。彼はいつも車関係の雑誌を読んだり、「トップギア」(という車番組)を見ています。)



※皆さんは、Top Gearという番組をご存知でしょうか?これはイギリスの最も有名な車関係のテレビ番組です。この番組は元々BBCテレビによって作られ世界中で人気があります。現在、Top Gearの出演者達は「グランドツアー」というアマゾンプライムシリーズに出ています。興味がある方は是非ご覧下さい。







アメリカ英語で「ガソリン」という意味の「gasoline/gas」


アメリカ英語で「ガソリン」はそのまま「gasoline」といいますが、日常会話で「gas」という言い方が使われています。カナダ英語でもガソリンを「gasoline/gas」と呼びます。

ガソリン、ガソリンスタンドはイギリス英語で何と言うでしょうか?

アメリカ英語で「ガソリンスタンド」は「gas station」や「fuelling station」、「filling station」と言います。カナダ英語では、時々「gas bar」という言い方もされています。

また、関連する表現として「step on the gas」という表現は「アクセルを踏めよ!」という意味になります。


アメリカ人の「gasoline/gas」の使い方 例文:



Gasoline is cheaper in the USA than in Japan.
(ガソリンは日本よりアメリカの方が安いです。)


How much is gas at this gas station?
(このガソリンスタンドでガソリンはいくらですか?)


We are going to be late for work!  Step on the gas!
(仕事に遅れてしまうよ! アクセルを踏んで急げよ!)


My brother works at that gas station.
(私の弟はそのガソリンスタンドで働いている。)


We are running out of gas.  Let’s fill up the tank.
(ガソリンはなくなってるよ。ガソリンタンクをいっぱいにしよう。)





イギリス英語のガソリンの言い方:まとめ


まとめると、イギリスとオーストラリアなどの英連邦の国々は「petrol」という言い方を使います。「ガソリンスタンド」は「petrol station」といいます。

アメリカとカナダは「gasoline」という言い方を使います。これは日常会話で「gas」に省略されています。

ちなみにイギリスでのガソリンの価格は高いです。また、イギリスのガソリンは日本のガソリンよりも高いんです。そして、アメリカのガソリンはとても安いです。アメリカのガソリン価格はイギリスのガソリン価格の半額以下だと思います。



イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら