イギリス英語

イギリス人からみて「シャーロット・ゲンズブール」の話す英語はどんな英語?

イギリス人からみて「シャーロット・ゲンズブール」の話す英語はどんな英語?

ジェーン・バーキンの娘「シャーロット・ゲンズブール」の話す英語はどんな英語なのか?



今回の記事も嬉しい事に読者の方から頂いた質問に答えてみたいと思います。

最近になって読者の方の質問は増えてきたので、私はとても嬉しいです! 何故なら質問が来れば私はサイトの記事のテーマを考えなくていいからです(笑)。

皆さんどんどん質問をしてくださいね^^。今回の質問のテーマは、女優・歌手である「シャーロット・ゲンズブールの話す英語」に関する質問になります。

読者の皆さんは「シャーロット・ゲンズブール」という人物をご存じでしょうか?

彼女はイギリス人の女優・歌手であるジェーン・バーキンとフランス人歌手のセルジュ・ゲンズブールの娘です。

それでは、頂いた質問内容はこちら:



読者の方の質問:


はじめまして。いつも新しい記事を楽しみにしています。先日の「イギリス人は日本人が話す中途半端なブリティッシュアクセント」と、参考にすると良い人のアドバイスも楽しく読ませていただきました。

参考:「イギリス人は日本人が話す中途半端なブリティッシュ・イングリッシュをどう感じる?


私は非英語圏のヨーロッパに暮らしていますが、住んでいるエリアは英国人と北欧人が多く日常的にブリティッシュアクセントの英語を聞いています。そして私はそれをとても美しく感じます。

どの言語でもそうですが、発音や発生ですごく洗練されて聞こえたり教養がない風に聞こえたり、話し方というのはとても重要だと実感しています。

私はジェーン・バーキンの娘である、シャルロット・ゲンズブールの話し方にとても憧れていて(日本ではフランス語を話すイメージがあり、彼女の英語を”勉強して身につけた”ものだと思っている人も多いですが)

私には彼女の英語はフランス訛りのないとても美しい発音に聞こえるのですが、実際のところイギリス人から見ると訛りがあるのか、そうでもないのか、ポッシュなのか、親しみやすいのか、どういったクラスに位置付けされるのかがとても気になります? 教えていただけると嬉しいです。







先ずはご質問ありがとうございます! そして、いつも当サイトを読んで頂きましてありがとうございます。それでは、早速質問に答えてみたいと思います。

シャーロット・ゲンズブールの英語を分析する前に、シャーロットのライフストーリーをちょっとだけ紹介したいと思います。


イギリス人からみて「シャーロット・ゲンズブール」の話す英語はどんな英語?イギリス人からみて「シャーロット・ゲンズブール」の話す英語はどんな英語?

こちらの記事もお勧めです:




シャーロット・ゲンズブールとはどんな人?



シャーロット・ゲンズブールは1971年7月21日にイギリスのロンドンで生まれました。彼女はイギリスとフランスのハーフです。そして、英語とフランス語のバイリンガルです。

しかし、パリで育ったシャーロットは「英語よりもフランス語が母国語」だと感じているそうです。お父さんのセルジュは英語を話せなかったし、お母さんのジェインは家族の時間ではフランス語を話していたそうです。

シャーロットは女優として数多くの映画に出演していましたが、主にフランス(フランス語)の映画です。彼女が出演した最も有名な英語の映画は、おそらく2011年に出た「Melancholia」だと思います。







イギリス人からみたシャーロット・ゲンズブールの英語の発音・アクセントは?



私は初めてシャーロットの英語を聞いた時に「この英語はイギリス人だね!」と思いましたが、よく聞いてみると、ほんの少しだけですが「フランス語の訛りが残っている」ような気がしました。

実は「訛り」というよりも「フランス語の癖」がほんの少しだけ残っています。彼女の発音は、私の意見では「ミドルクラスロンドンのアクセント」だと思います。

私はこの記事の為に色々とリサーチをしたときに、彼女の英語についての詳しく書かれている記事を見つけました。


その記事では「シャーロットは映画の為に英会話のレッスンを受けてアクセントのトレーニングを行った」という情報が書いてありました。

シャーロットの声は自然にソフトで優しいと思います。彼女の英語は典型的な(南部の)ミドルクラスの発音だと思います。

英語ネイティブではないので、英語を話す際に「少しゆっくりと話して単語を選んでいる」という感じがします。

彼女のフランス語のインタビューを観ると、彼女のソフトなフランス語を聞く事が出来ます。彼女は英語でもフランス語でも話す時には、かなりソフトな声で話しますね^^





私の意見では、シャーロット・ゲンズブールは(イギリス)英語ネイティブではないですが、訛りは殆どありませんので、英語の勉強として彼女の英語インタビューなどを使っても大丈夫だと思います^^

今回は以上になりますが、他の質問があれば、是非ご連絡くださいね^^




イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら