イギリス英語

「寝坊する」や「寝坊してしまった」は英語で何と言う?

「寝坊する」や「寝坊してしまった」は英語で何と言うのでしょうか?

日常英会話でネイティブが使う自然なフレーズ「寝坊する」や「寝坊してしまった」は英語で何と言うのでしょうか?



今回の記事では、イギリス英語をメインにしたテーマではないのですが、日常英会話で役に立ちそうな英語フレーズを紹介したいと思います。

今日これから紹介する表現は「寝坊する」という表現に相当する様々な英語フレーズになります。

どうしてか分かりませんが、英語で「寝坊する」という意味になるフレーズやイディオムは沢山あります^^ 英語圏の国の人は日本人よりも寝坊する事が多いからなのか・・(笑)。

まぁ、細かい理由は分かりませんが、今回の記事では数多くの役に立つ「寝坊に関する英語フレーズ」を紹介してみたいと思います。


「寝坊する」や「寝坊してしまった」は英語で何と言うのでしょうか?「寝坊する」や「寝坊してしまった」は英語で何と言うのでしょうか?

こちらの記事もお勧めです:




寝坊に関する英語表現: 1.「to oversleep」



この表現は最も「正しく」正式な言い方だと思います。「to oversleep」は「寝坊してしまう」というニュアンスになります。

つまり、「早く起きるはずだったが寝坊してしまった」というニュアンスにです。


実際の例文:


I’m so sorry I’m late. I overslept.
(遅れてすみません。寝坊してしまいました。)


Make sure you set your alarm so you don’t oversleep.
(寝坊しないように必ず目覚まし時計を設定してね。)




寝坊に関する英語表現: 2.「to sleep through one’s alarm」



この表現は「目覚まし時計をセットしたが、それが聞こえずにそのまま寝坊してしまった」という意味になります。


実際の例文:


I’m going to be late for work again! I slept through my alarm!
(私はまた仕事に遅れてしまうわ! 目覚まし時計が聞こえなかったので寝坊してしまった!)


I have a bad habit of sleeping through my alarm.
(私は目覚まし時計が聞こえなかったので寝坊してしまう癖がある。)




寝坊に関する英語表現: 3.「to sleep in」



この表現は文脈によって二つの意味がとして使う事が出来ます。まず、一つ目は「寝坊してしまう」というニュアンス。

そして二つ目は「わざと時間通りに起きないでとゆっくりと寝る(寝過ごす)」というニュアンスです。


実際の例文:


I was supposed to get up at 7am but I slept in!
(私は7時に起きるはずだったけど寝坊しちゃった!) ※ニュアンス:間違って寝坊してしまった


I’ve had a busy week at work so I plan to sleep in tomorrow morning.
(私は今週仕事が忙しかったから明日の朝ゆっくり寝るつもりです。) ※ニュアンス:わざと起きないでゆっくり寝る




寝坊に関する英語表現: 4.「not wake up on time」



この表現を日本語に直訳すると「時間通りに起きない」という意味になります。少し長い言い方ですが、英語圏のネイティブはこの表現をよく使います。


実際の例文:


I missed my train because I didn’t wake up on time.
(私は時間通りに起きなかったから電車に間に合わなかった。)


Please try to wake up on time.
(時間通りにちゃんと起きてね。)




寝坊に関する英語表現: 5.「to have a lie in / to lie in」



このイディオムはイギリス英語特有のイディオムです。「to have a lie in」または「to lie in」は「わざと寝過ごす」という意味になります。

ですから、「うっかりして寝坊してしまった」というニュアンスになりません。


実際の例文:


I have to get up early on weekdays so I usually have a lie in on Saturdays and Sundays.
(私は平日早く起きる必要があるから、せめて土日だけはゆっくり寝るようにしている。)


I want to lie in tomorrow so don’t wake me up early.
(私は明日の朝ゆっくり寝たいから早く起こさないで。)


以上、今回の記事では5つの役に立ちそうな「寝坊」に関する英語表現・フレーズを紹介してみました! 使う機会がある!? 人は是非、英会話で使ってみてくださいね^^


こちらの記事もお勧め:



イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら